株式会社大倉 2018年度新卒募集サイト

社員インタビューINTERVIEW

高坂メイン

初めてのご契約は持ち家のお客様。

― 現在の仕事内容を教えてください。
主に周辺の賃貸住宅へ新規開拓営業を行い、集客を図り、お客様に対して、モデルハウスの案内、契約交渉を行っています。
― 記憶に残る仕事について教えてください。
なんといっても、入社してから初めての契約です。あの喜び・感動は今でも忘れません。
私の初めての契約はマンション販売の時だったのですが、その当時物件の周辺の一戸建てを軒並み訪問していた時、賃貸かと思って飛び込んだところが実は持家でした。
家主様と話をしていく中でそのことに気付き、いつの間にか契約になっていました。

高坂01

達成感を得るのに、住宅営業はうってつけ。

― 住宅の営業マンとして大事だと思うことは
何ですか?
自社の物件を売り込むのではなく、お客様にとって最適な住宅とは何かを考え、勧める事です。
お客様が求めている情報と我々営業マンが発信したい情報は必ずしも同じではない為、それを無視して営業してしまえば、お客様の信頼は得られません。ですから、まずはお客様が抱えている不安に寄り添い、その不安を解消するような提案をしてあげることが大事だと思っています。
そうすることによって、本当の意味での“人間関係”を築くことができ、自分という人間を信頼していただき、その信頼があって初めて自社の物件に興味を持っていただけるのだと思います。

高坂02

住宅営業は、喜びとやりがいのある仕事。

― 仕事の醍醐味、大変さを教えてください。
基本的に住宅販売は常に新規開拓をしていくアウトセールスである為、既存の顧客に営業をかけていくルート営業よりも厳しい面も多いですが、その分ご契約をいただいた時の喜び、やりがいは何ものにも代え難いものがあります。達成感が大きい仕事という点で、住宅販売はうってつけではないかと思います。
― 仕事の醍醐味、大変さを教えてください。
基本的に住宅販売は常に新規開拓をしていくアウトセールスである為、既存の顧客に営業をかけていくルート営業よりも厳しい面も多いですが、その分ご契約をいただいた時の喜び、やりがいは何ものにも代え難いものがあります。達成感が大きい仕事という点で、住宅販売はうってつけではないかと思います。
― 学生へのメッセージをお願いします。
初めての社会人ということでいろいろ不安な点もあるかと思いますが、誰もが歩んできた道なので、気負わずに素直な気持ちで仕事に向き合い、頑張ってください。

高坂03

このページのトップへ戻る