Home > 大倉だからできること > 顔の見える大倉


大倉だからできること
50年、脈々と受け継がれる大倉の棟梁気質。
用地の仕入れから設計、施工、アフターサービスまで厳しい目を行き届かせます。

それでは、信頼のものづくりを支える、社長、およびスタッフを一部ご紹介いたします。
代表取締役社長 川合 洋明。

当社は1962年の創業以来、ニュータウン開発、戸建住宅、分譲マンション等の住空間の提供、ならびに会員制リゾートクラブの“ザ グラン リゾート(ジャンボクラブ)”を通じて豊かなリゾートライフの提供につとめ、創業50周年を迎えるに至りました。

この間に分譲した宅地は約60,000区画、分譲マンションは20,000戸にのぼり、“ザ グラン リゾート”は約14,000もの会員数を誇る有数のリゾートクラブに成長致しました。

社会のニーズがますます多様化・高度化する中で、当社はお客様お一人おひとりのニーズに迅速に対応するとともに、より一層の「安全」「安心」「快適」な商品とサービスを提供すべく努力してまいります。

また、皆様から「選ばれる会社」「選ばれる商品」「選ばれる社員」の確立を目指し、ブランディングを推進しています。その一環として、2008年4月1日付けをもって、社名を「大倉建設株式会社」から「株式会社大倉」に変更いたしました。

今後も「建設」の枠組みにとらわれることなく、事業の多角化・拡大をはかり、更なる発展を目指して参ります。

計画部 部長 山口 成功

多種多方面からの不動産情報収集とマーケティングが大切。

設計部と念入りに打ち合わせた上で厳選した土地を購入します。リーズナブルで、

手抜きのない住宅をご提供している大倉は、49年の実績を生かして、

アフターサービスにも力を入れていきます。

笑顔、愛嬌

プレカット工場長 葛原 広好

ツーバイフォー住宅のパネル製造、部材のプレカット、アッセンブル、出荷までが主な業務です。

カナダからの輸入材を使用して各部材のカット、加工を行い、その部品を組み立てて、

住宅の底パネル、壁パネルなどを製作します。

ひとつひとつ確認して進める慎重派タイプです。

総務部 部長 浜川 佳己

採用、教育等の人事課と販促企画を行う企画室の業務は、

「人材」と「販売」の両方に深く関係する、やりがいのある仕事です。

仕事は人と人とのつながりで成立するもので、

営業担当を通じてお客様との信頼関係を何よりも大切に考えます。

人一倍、好奇心旺盛。

何でも見てやろう、やってやろうの毎日です。

管理部 取締役部長 大澤 寛

会社の金庫番として、経理全般を担っています。

大切なお金を取り扱う部署なので、正確かつ迅速に業務を果たします。

プラス思考と笑顔。

情報システム課 課長 松田 昌工

 主な業務は、社内システムの管理、ホームページの運用管理です。

最近ではITの普及とともに仕事の内容も広範多岐にわたり、勉強の毎日。

独りよがりにならないように、お客様が何を求めているのかを意識して、企画、制作に励んでいます。

得意分野が発揮できる環境に感謝して努力します。