株式会社大倉 国際事業の実績、事例をご紹介いたします。

お問い合わせ

Graphene Products大倉のグラフェン応用製品事業

大倉の屋根融雪設備

積雪による被害を融雪設備で解決

積雪による建物の倒壊を防ぎ、
無人化により省エネ化を実現。

本製品は、折板屋根の「日差し」部分での積雪による倒壊や、凍結による危険な事故を未然に防ぐため考案されました。屋根より張り出している「日差し」部に融雪ヒーター素子を施し、降雪高を検知する「積雪センサー」で積雪高を監視、一定高の積雪にてヒーター素子に電源供給を行い融雪開始となります。融雪後は各ユニットヒーター素子単位にて自動的に通電を停止します。 グラフェン型ナノカーボン半導体(従来ヒーターの約1/2 の電力量)の使用と自動制御装置による監視系体(無人化)にて、安全・安心・省エネルギー化を実現する融雪設備です。

効率的な融雪と二次労働の軽減

屋根融雪で大切な事は「屋根に溜まった雪を落とさずに溶かす」ことです。屋根に溜まった雪を屋根下に落としてしまうと、その雪の撤去を再度しなくてならなくなり、余分な時間と労働力がかかってしまいます。 そんな二次労働を防ぐため、お客様の建物に合ったシステムと施工方法で、安全で安心してご使用することができる、屋根融雪設備をご提案させて頂きます。 ※2017年の屋根除雪作業による死亡者は67人、除雪作業中の重軽傷者は1,030人にのぼります。

大倉のグラフェン型ナノカーボン半導体/
大倉の床暖房・道路融雪・屋根融雪製品のご紹介

大倉の床暖房設備「HESTA AI HEATER」について

シートタイプでスピード昇温。お部屋を効率よく全面発熱。従来のニクロム線やパイプ式の温水暖房と比較して、発熱面積が広くなっています。この広い発熱部がスピード昇温に繋がり、温度ムラを低減して、素早くお部屋を適正温度へと温めます。

詳細はこちら  →

大倉の道路融雪設備について

グラフェン型ナノカーボン半導体を埋設させ、路面を加熱。加熱効率が非常に高く、イニシャル・ランニングコストの問題点を解消します。遠赤外線の熱放射にて熱を伝えます。加熱効率が非常に高く、加熱時間が短くて済むので省エネ効果が高まります。

詳細はこちら  →

Contact us お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、株式会社大倉へ

06-6353-2631(平日 9:00~18:00)