インバウンドプロモーション等、株式会社大倉 メディア部の実績、事例をご紹介いたします。

WeChat認証サービスアカウント 開設代行

WeChat公式アカウントによるプロモーションを推進
WeChat公式アカウントによるプロモーションを推進

Service

近年、中国国内で誕生したSNSが全世界に広がっており、利用者数は億単位と非常に巨大なマーケットを形成しています。中国というビッグマーケットにおいて、キャンペーン・プロモーションの手段としてソーシャルメディアは欠くことのできない重要な存在です。
インバウンド関連事業や、越境ECサイトを運営する日本企業であれば、積極的にWeChat公式アカウントによるプロモーションを推進していく必要があると考えられます。

弊社では、WeChat認証サービスアカウント開設の、各種申請・初期設定から、アカウント運用をサポートしております。

WeChatとは?

WeChat は、中国で最も普及しているコミュニケーションアプリです。

WeChatは、Tencent(騰訊)が提供する、文字・音声・写真・動画・グループチャットなどでコミュニケーションが出来る無料メッセージアプリです。基本機能が、日本で普及している「LINE」と似ていることから、「中国版LINE」と呼ばれたりもしますが、登録アカウント数は約11憶以上、月間アクティブユーザー数が9憶以上とのWeChat の規模はLINEを凌駕しているといえます。中国では日常的にWeChatを使用してメッセージや音声のやりとりが行われており、近年では、中国国内向けだけでなくインバウンド情報の発信など、日本企業のビジネスにも利用されています。

WeChat公式アカウントとは?

WeChat公式アカウントは、WeChatユーザーをターゲットとしたPRプラットフォームです。WeChatに御社の公式アカウントを作ることで、中国人ユーザーへ向けた情報発信が可能となります。

公式アカウントには、「サービスアカウント」「購読アカウント」「企業アカウント」の3種類があります。弊社では、企業のみ開設可能でユーザー管理ができるサービスアカウントの開設をサポートしております。

御社の日本企業名で「認証アカウント」
開設が可能です。

Wechat公式アカウントは、さらに「認証アカウント」と「非認証アカウント」に分かれています。「認証アカウント」を申請する場合、提出資料や情報が多く必要になりますが、「非認証アカウント」に比べて取得条件が厳しいため、アカウントの信憑性や信頼性が高いと評価されます。

また代理申請により中国企業名義でアカウント取得するのではなく、御社の日本企業名にて取得することが可能です。

開設にあたり、中国の審査会社より電話審査がございます。御社の企業情報など簡単な質問が行われますが、それらの受け答えが中国語になりますので、御社スタッフによる中国語での対応が必須となります。ご了承ください。

申請からアカウント取得までの期間は、1ヶ月半から2ヶ月必要となります。

公式アカウントの認証は下記のメリットがあります。
公式アカウント検索時に認証済みアカウントは上位に表示される傾向にあります。
認証済みのサービスアカウントではネットショップなどのAPI機能とWeChatPay決済が利用できます。
御社アカウント名の横に、チェックマークが付くので、ユーザーは偽アカウントとの区別がつきます。

テンセント社との手続き等につきましては、弊社パートナー企業であるアルフィージャパン株式会社が行います。

WeChatアカウント運用サポート

弊社ではネイティブなスタッフによるWeChatアカウントの運用サポートを行っております。
配信記事翻訳・企画・WeChat広告出稿・インフルエンサーの活用など、プランに合わせたプロモーション施策をご提案いたします。

運営には個人のWechatアカウントが必要となります。ただし申請時には必要なく、サービスアカウント開設後に個人アカウントの紐づけを行います。

Wechatに関するお問い合わせはこちら

ページトップ